こうべっ子ママのマイペース子育て

神戸生まれ神戸育ち、生まれ育った神戸で男の子の子育てをしています。初めての育児、私自身は姉妹だったので男の子の行動に毎日びっくり!成長が嬉しいやら大変やら・・・四苦八苦(笑)毎日奮闘しています!!

2歳でトイトレまだ早かった子の話

2歳の春、夏に向けてやる気満々で始めたトイトレ。でもトイトレが進まない日々が1年ほど続きました。

今回はなぜトイトレが進まなかったのか、しくじったポイントをお話しします。

 

今すぐトイトレやらなきゃいけないんじゃないかと思っているママさん、ぜひ読んでってください(^^)

f:id:prims2rose:20180311190655j:plain

我が家のしくじりポイント

  1. 始める時期を完全に見誤った
  2. 親や祖母に会うたびにまだオムツか?と聞かれ、精神的に追い詰められていた(2歳頃)
  3. トイトレ本の1日でオムツが取れた!という方法を鵜呑みにしていくつかの方法をやってみたが全くできずイライラしてしまった
  4. まだトイレに興味がなかった
  5. まだオシッコが出るタイミングが親子共々つかめていなかった

 

という感じです。

あとから冷静になってみればよその子と比べてばかりいたと反省しかありません。

急ぎすぎた。

f:id:prims2rose:20180311191337j:plain

これが1番の敗因です。

 

トイトレっていつから始める?

f:id:prims2rose:20180311191422j:plain

これ、実は1番難しい点だと思います。

トイレトレーニングを始めるための3つの条件

    1. 1人で歩ける
    2. 言葉の理解が進んでいる
    3. おしっこの感覚が一定時間空いている

出典:Baby-mo特別編集 GO!GO!トイレトレーニン

 

我が家のしくじりポイントは

まず、始める時期が早かった。

2月生まれの早生まれの息子。

2歳になりたての息子の周りはもうすぐ3歳というお友達ばかりの環境でした。

3歳が近くなると春からトイトレの話題で持ち切り。

「春にする?夏までには!!」

「オムツ取れたよ!」

という話があちこちから聞こえ、

ズボンからチラッと見えるパンツで「あ、もうあの子パンツだ…」

 

どんどん、どんどん私の心は知らぬうちに追いつめられていました。

(ストレスに弱いくせにストレスだと気づくのが遅い)

 

 追いつめられていた時期に買ったトイトレの本がこちら

 

f:id:prims2rose:20180311190455j:plain

 

トイトレが済んだ今、改めて表紙を見てみると書いてました。

  • あせらない!急がない!トイレトレーニングの基本4ステップ
  • まずは見きわめたいトイレトレーニングを始めるための3つの条件

当時しっかり読みましたよ?

でも、気持ちが焦るというレベルをはるかに通り越してやらなければいけない!!と凝り固まってしまってたな。と今なら思います。

 

トイレトレーニングを始めるための3つの条件

    1. 1人で歩ける
    2. 言葉の理解が進んでいる
    3. おしっこの感覚が一定時間空いている

出典:Baby-mo特別編集 GO!GO!トイレトレーニン

やっぱりこの3つの条件が重要なんです! 

 1の1人で歩けるはクリアしていましたが、1歳半検診で引っかかってしまった息子。

 

2の【言葉の理解が進んでる】は正直怪しかった。

1歳11か月の時に急にバンバン言葉が出て浮かれていたのかもしれません。

言葉が出たといっても、その後も2語文・3語文は月齢の目安よりは3か月ずつくらい遅めでした。

 

3のおしっこの感覚が一定時間空いている。ここも少し曖昧でした。

以前はおしっこが出たことを知らせてくれていたのですが、おむつをケチってパンパンになったら替えていたんです。。。

それに慣れてしまった息子は出た感覚がわからなかったのか、もしくはいっぱいにならないとおむつを替えないと思ってしまったか、

いつからか知らせてくれなくなりトイトレをしようとしたときには全くお知らせしてくれませんでした。

 

私のしくじりまとめ

  1. トイトレを始める時期をしくじった
  2. おむつをケチったために排尿の感覚がわからなくなってしまった
  3. 急に言葉がどんどん出たことで調子に乗ってしまった

一番の原因は周りの状況に影響され、やらなければやらなければという強迫観念が強かったことだと思います。

今トイトレをいつから始めるか悩んでるママさん、

どうかよその子のペースは気にせず我が子だけを見てトイトレを進めてあげてください(*^^*)

 

スポンサーリンク