こうべっ子ママのマイペース子育て

神戸生まれ神戸育ち、生まれ育った神戸で男の子の子育てをしています。初めての育児、私自身は姉妹だったので男の子の行動に毎日びっくり!成長が嬉しいやら大変やら・・・四苦八苦(笑)毎日奮闘しています!!

1歳半検診に引っかかったその後 2年たった今の様子は

喋らない、言葉が遅い、なぜ?どうして?と不安を抱えたまま向かった1歳半検診。

あの日のことは今でもトラウマです。あれから2年たち3歳半を過ぎました。

でも、今の息子の様子を見ているとあの頃の心配ってなんだったんだろう?とつくづく思います。

 

2月生まれの早生まれ

早生まれって悩みが多いですよね。

  • 周りより身体が小さい気がする
  • 言葉や身体の発達が遅れている気がする
  • 周りはできているのにうちの子はまだトイレができない(2歳のときにすごく悩みました)
  • お友達とうまく遊べているか心配

などなど考え出すとキリがない!

3歳になり、児童館で新しいお友達ができて子どもだけお家にお邪魔させていただくようになりました。

正直心配です、ご迷惑をかけていないか。

私は1人目育児、3歳の子どもだけで遊びに行くってありなん?!と初めての時は思いました。

他の子達は4〜10月ごろのお誕生日で兄弟もいる、経験値が違います。

仲良く遊べるかな・・・と遊びに行ってる間すごく心配でした。

お友達と一緒に遊んでるとやっぱり遅いなぁと感じることはあります。

一緒に遊んでいたかと思えば、一人の世界に没頭している・・・

 

 

スポンサーリンク

 

お友達の家で事件は起こった

事件という言い方は大げさかもしれませんが(笑)

5~6月ごろまだ仲良くなりたての頃に子どもたちが「次は○○くんのお家で遊ぶー」と言い張り親たちも「どうぞ~」という感じで、お友達の家を次々とはしごするという日がありました。来てもらう分にはいいけど、わが子が行くのはヒヤヒヤです。

お迎えの際に「ちょっと(発達が)遅い?」と聞かれました。

「2月生まれで早生まれなのでちょっと遅いです~」と流しましたが・・・

悪気はないのはわかっています。

でも発達のことで悩んできた過去がある私にとっては過去をフラッシュバックさせる一言でした。

遅いと思われたうちの子の行動はこうでした。

  • 一緒に遊んだり、離れたり、また仲間に入ろうとしてもめる
  • お友達の使っているおもちゃを無理やりとるなど、貸し借りがうまくいかず怒る
  • 言葉がうまく伝わらない(子ども同士での会話)

でした。

3歳3~4か月ごろでお友達とは月齢だけでも半年以上の差があります。

よくしゃべるようにはなりましたが言葉が出るのも遅かったため、同年齢の子と比べるとやはりまだ差を感じ、大人のように会話で解決となるとなかなか難しいです。

また、毎日一緒に過ごしているママには聞き取れても、一緒に過ごす時間の少ないパパや祖父母、他のママには聞き取れないこともあるようで手助けができない場合もあります。

 

でもよくしゃべるようになってくれた分、周りの子より遅いなと感じても1歳半のころのように悩むことはなくなりました。

以前の記事でも書いたようにうちの子は頭にため込んで一気に出すタイプというのが今も感じ取れることがあり、一気に言葉や行動があふれてくることがあります。

子どもは常に成長するから昨日できなかったことが今日はできるはよくあると聞きますが、うちの場合そうではないなと常々思います。

今までできなかったこと、なんでこんなこともできないんやろ?と思っていたことが急に次々できるようになります。

1歳10か月の時に急にいろんな言葉を話しはじめた時と同じです。

 

スポンサーリンク

 

 

発達で不安を抱えているママへ

1歳半検診から2歳のフォロー検診までとても不安な日々を過ごしました。

育児の講演会がありますよと道端で声をかけられるのも、地域のおじいちゃんおばあちゃんに何歳?と声をかけられるのすら本当に嫌でした。

そんな余裕は1ミリもなかったので。

でも2歳のフォロー検診の時に発達の先生とお話しして、

「頭にため込んで一気に出すタイプ」だと教えてもらい心が軽くなりました。

もっと早く発達の先生に聞いていれば、もう少し毎日が楽しく過ごせていたかもしれません。

誰かに相談する。これは大事なことだと思います。

なかなか勇気が出ない、泣いてしまうかもしれない、恥ずかしい

そんな思いもあると思います。

でも、相談することでそれまで真っ暗だった気持ちがいい方向に変わることもある。

私はフォロー検診へ行ったときにそう思いました。

 

今、発達で悩んでいるママへ

ぜひ地域の子育て窓口へ問い合わせてみてください。

相手がいい人、自分が欲しい答えを持っている人とは限りませんが相談することで解決できる人を見つけられると思います^^

 

☆こちらの記事もどうぞ☆ 

www.kobe-kosodate.com

www.kobe-kosodate.com

 

スポンサーリンク